札幌で相続放棄手続はお任せください。

札幌で相続放棄の相談は司法書士平成事務所へ!

札幌で相続放棄手続はお任せください。

法定単純承認事由

処分したら相続放棄できないのはなぜか?

民法第921条は、法定相続人が一定の行為をした場合には相続を「単純承認したものとみなす」と規定しています。この「みなす」という規定は、反証によって覆すことができないものですので、一度921条に規定され… 詳細を表示する

相続放棄の前後で「財産の隠匿・私に消費」したら単純承認?

民法の条文によると、「一定の事情」があれば、単純承認になります。この「一定の事情」のことを、法定単純承認事由というのです。相続放棄をしたいなら、何が法定単純承認事由に該当するのかを把握し、該当する行為… 詳細を表示する

被相続人の借金を、遺産から支払うと相続放棄はできないのか

民法の規定によると、相続人が「相続財産の処分」に該当する行為をすると、相続放棄ができなくなります。相続財産の処分は、相続放棄ができなくなる「法定単純承認事由」の一つなのです。 しかしながら、「相続財産… 詳細を表示する

形見分けは、相続放棄ができなくなる「相続財産の処分」?

「一定の事由」に該当すると、相続放棄ができなくなってしまいます。これが法定単純承認事由であり、法定単純承認事由のなかで特に注意しなければいけないのは、「相続財産の処分」です。 たとえば、相続財産である… 詳細を表示する

遺産で「葬儀費用」を支払ったら、相続放棄ができない?

相続財産のなかから、葬儀費用を支払うことは珍しくないでしょう。日本の慣習によると葬儀を行うのは通常のこと。費用の目途が立たなければ、遺産から葬儀費用を支払うことがあるのです。 この「葬儀費用の支払い」… 詳細を表示する

相続放棄ができなくなる「法定単純承認事由」

札幌市北区に住むAさんの話です。Aさんは、お父さんを亡くしてから一ヵ月が経ちました。Aさんのお父さんは事業をしていて多額の借金を抱えていたため、Aさんは借金の相続を回避するために相続放棄をしようとした… 詳細を表示する